建物の作り

一口にバリアフリーと言っても単に段差を無くす事だけではありませんね。
 
写真の某インテリアショップは入り口や通路、エレベーター、トイレが広く、車椅子での移動も大変楽です。もちろん、家具を運び出すので必然的にそうなった事もあると思いますが。

 
意外と大変なのが病院やドラッグストアなんです。なんとも不思議です。
 
ドラッグストアは皆さんご存知の通り、通路に商品を山のように積んでいる店が多く、せっかく広い通路をわざわざ狭くして、車椅子移動が大変です。私がお客様の車椅子を押して店内を移動する時も、通路に置いてある商品をどかしながら移動する時がしばしばあります。
 
病院で意外と多いのが狭いエレベーター。もちろん、車椅子やストレッチャー専用のエレベーターが用意されてる場合も多いのですが、それがわかりにくい場所にあったりします。
 
最近建てた新しい立派な建物の病院なのに狭いエレベーターを設置してあり、他の患者様と車椅子でギュウギュウ詰めで乗る事も。
 
 
建物で広い移動空間を作るのは土地の面積も必要ですし、簡単ではないと思いますが、なるべく車椅子移動の事を考えて設計して欲しいものです。