【仕事納め】

20131231

 

福祉タクシーさいたま、本日のご予約運行が無事に終了し、仕事納めとなりました。
ご利用いただいた皆様、ありがとうございました。

今年一番感じた事は、まだまだ「福祉タクシー」の存在の認知度が低い事でした。

病院も介護タクシーの業者を把握していないところが結構あり、施設の職員さんでさえご存じない方がいらっしゃいました。
お乗りいただいたお客様からは、一般のタクシーに乗車を断られた話などをよくうかがいました。
主にドライバーが「お客様の介助ができない」という理由によるものでした。

急な怪我や病気で歩行困難になられ、その時の為の情報が無くて困っていたお客様に多く出会いました。
来年は、そういう認知活動にも力を入れて行きたいと思っております。

年始は2日より運行を開始致します。来年も宜しくお願い申し下ます。

皆さま、良いお年をお迎えください!

福祉タクシーさいたま|埼玉県・越谷市・さいたま市・春日部市・三郷市・草加市

【年末年始・ご予約はお早めに】

taiya

 

いよいよ今年も押し迫ってまいりました。一年があっという間です。
さて、介護タクシーさいたまでは、年末年始のお出かけなどのご予約を承り中です。
お正月の間、病院や施設からご自宅にお帰りになる方もいらっしゃるでしょうし、故郷に帰省される方、また正月旅行に行かれる方もいらっしゃるでしょう。
すでにご予約をいただいていたりしますので、ご予約はなるべくお早めいただければ幸いです。
日程がまだ確定されない方も「仮ご予約」が出来ますので、ぜひお問合せください。
電話:048-916-0232
(移動中は携帯に転送されます)

追伸:
今年は猛暑から急に寒くなり、北陸や東北以北では雪も積もり始め、急な天候の変化が予想されます。
車両はすでにスタッドレス・タイヤを装着し、急な雪にも対応済みです。
全回の冬は、急な大雪で多くの公共交通機関がマヒしました。介護タクシーさいたまは、どんな場合でも出動できるように大勢を整えております。
写真はスタッドレス・タイヤです。105/107 LTという文字が見えますでしょうか?
これは大型車専用のスタッドレスタイヤで、トヨタ・ハイエースのような大型車両に対応したものです。
大きな荷重にも耐えられるように一般のスタッドレス・タイヤよりも丈夫に出来ています。
そしてゴムは柔らかく、雪や氷の道でも安全に走行することが出来ます。
もちろん、最悪の雪の場合はチェーンも用意していますが、車椅子やストレッチャーでチェーン付の車両に乗ると少し乗り心地が悪くなりますね。
チェーンを付けないで済むような雪であって欲しいと願うばかりです。
また、雪が降った後の「裏道」や「日陰の細い道」は非常に危険です。
その場合は、あえて通行量の多い「幹線道路」を選んで走ります。幹線道路は雪が溶けやすく安心ですから。
では、お電話お待ちしております!

 

介護タクシーさいたま 『ご予約状況』

【お知らせ】

福祉タクシーさいたま(介護タクシーさいたま)のブログを開始しました。お知らせや徒然日記などを公開していきます。お問い合わせやお見積りは048-916-0232までお気軽に。

サイトリニューアル

埼玉県・東南部で活動する介護タクシー予約センター・絆(きずな)のホームページがリニューアルしました。

 
フリーダイヤルも新たに設置しました。0120-413-294(ヨイサービス・フクシ)
 
介護タクシー予約センター・絆には20台以上の優良介護タクシー業者が登録し、埼玉県・戸田市・川口市・鳩ヶ谷市・さいたま市・越谷市・草加市・吉川市・八潮市・三郷市で運行しています。
 
お電話いただければ、お近くの介護タクシーの予約配車を行います。実績ある事業者の集まったこのネットワークをぜひご利用下さい。
 
予約料金は無料、普通車椅子の貸し出しも無料で、良心的で適切な料金体系を取っていますから安心です。
 
また、通院時には介助料金に介護保険の適用も可能ですので、ご希望の場合はご担当のケアマネージャーさんからご連絡いただければ幸いです。
 
電話受付時間は、平日の8:00~19:00となっております。
 
料金など詳しくは下記の公式ホームページをご覧ください。
 
 
 
【ご予約はお早目に!】
 
介護タクシーは通常のタクシーと違い完全予約制で、日中は多くのご予約の患者様の通院などで各地を動いております。
 
当日のご依頼の場合は配車が不可能な場合がございますので、ご了承ください。
 
尚、ご予約はお早目にいただくようお願い申し上げます。
 
 
【会員募集・介護タクシー事業者の方へ】
 
絆を運営する「一般社団法人・福祉事業振興会」では同業者の方の参加を歓迎しています。
 
参加していただく事で、予約センターや参加事業者からの業務依頼を受ける事が出来、業務量を増加させる事が可能です。
また、予約の重複でお断りしなければならない患者様の搬送を仲間のネットワークの代行でお受けする事が可能となります。
 
一般社団法人・福祉事業振興会は非営利で活動する団体です。
 
フランチャイズ組織と違い、会費の支払いのみで、売上のロイヤリティや業務紹介手数料等は存在しません。
営業・活動のポリシーは各事業者の自由ですので、会員として参加していただくだけで貴社のサービスの向上を実現していただけます。
「絆」としての活動の縛りは特にありません。
 
詳しくはコチラのページをご覧ください。
 

越谷予約センター開設

この度、越谷市の介護タクシー業者を中心として、「越谷予約センター」を開設致しました。
 
埼玉県内の介護タクシー事業者20社以上がネットワークを組む「絆」ですが、越谷エリアでの受付サービスを充実すべく、「越谷支部」として専用の受付窓口を設けました。
 
運行エリアは越谷市を中心に、春日部市、草加市、松伏町、吉川市、八潮市、三郷市など、近隣のお客様に向けて移送サービスをご提供致します。
 
もちろん、上記のエリアが発着点であれば、他府県への長距離移送も可能です。
 
経験豊富な介護タクシー業者が集まった「絆」、あらゆるノウハウで病院やケアマネージャー様、患者様、利用者様のご要望にお応え致します。
 
今後とも宜しくお願い申し上げます。
 
お電話・お問合せはお気軽にどうぞ。
 
電話番号は近日中にフリーダイヤルを設置する予定です。
 
 

建物の作り

一口にバリアフリーと言っても単に段差を無くす事だけではありませんね。
 
写真の某インテリアショップは入り口や通路、エレベーター、トイレが広く、車椅子での移動も大変楽です。もちろん、家具を運び出すので必然的にそうなった事もあると思いますが。

 
意外と大変なのが病院やドラッグストアなんです。なんとも不思議です。
 
ドラッグストアは皆さんご存知の通り、通路に商品を山のように積んでいる店が多く、せっかく広い通路をわざわざ狭くして、車椅子移動が大変です。私がお客様の車椅子を押して店内を移動する時も、通路に置いてある商品をどかしながら移動する時がしばしばあります。
 
病院で意外と多いのが狭いエレベーター。もちろん、車椅子やストレッチャー専用のエレベーターが用意されてる場合も多いのですが、それがわかりにくい場所にあったりします。
 
最近建てた新しい立派な建物の病院なのに狭いエレベーターを設置してあり、他の患者様と車椅子でギュウギュウ詰めで乗る事も。
 
 
建物で広い移動空間を作るのは土地の面積も必要ですし、簡単ではないと思いますが、なるべく車椅子移動の事を考えて設計して欲しいものです。
 
 
 
 
 

車椅子で飛行機へ

最近、車椅子で飛行機の機内へ搭乗される方が増えているようです。
 
もちろん、ご自分の足で歩ければ一番良いのでしょうが、無理をしてしまうことで転倒の危険があったり疲れてしまったりすることがあります。
 
そんな場合は空港で車椅子を借りる事で、広い場所の移動も非常にスムーズになります。付添の方も楽になりますね。
 
渡航先でも、車椅子を借りる、もしくはご自分の車椅子を持って行く事で、安全度が増し、移動が非常に楽になるとの事です。

 
 
写真は羽田空港のANAの貸し出し用車椅子。各航空会社では搭乗用にこのような専用の車椅子を準備しています。
 
これを借りれば、ご自分の車椅子を荷物として預けてしまう事も可能です。
 
また、航空会社に事前に相談しておけば、車椅子を押す事に慣れているスタッフが色々手伝ってくれますので、他に荷物があっても安心です。
 
 
「意外と出来る車椅子での旅行」。飛行機搭乗の例でした。
 
最近は旅行会社でもバリアフリーを要する旅行の相談に乗れる会社が増えてきていますので、機会があれば相談なさってみてはいかがでしょうか?
 
介護タクシーさいたまは、普段は地元での通院や転院での運行がメインですが、お客様のご要望で空港へも向かいます。
 
車椅子のままでの移動はもちろん、空港のチェックインまでお手伝い致します!
 
 
 
 

補助犬

皆さま、GWいかがお過ごしでしょうか。
 
補助犬について勉強してみました。
 
厚生労働省では写真のような「補助犬」に関する資料を医療機関に配布しているんですね。
 
「補助犬」には一般によく知られている「盲導犬」の他に「聴導犬」や「介助犬」があります。
 
そして、その存在がまだまだ珍しいために医療機関での理解も得られていない場合があるようです。
 
「犬は不衛生だから困る」「他の患者さんに迷惑」という理由が多いようです。
 
しかし、補助犬は衛生管理や健康管理がしっかりなされ、特別な訓練を受けていて社会のマナーにも対応出来ているとの事。
 
だから、偏見を持たずに医療機関ではちゃんと補助犬を受け入れるように、という指示が出されているんですね。
 
法的にも医療機関には補助犬の受け入れ義務があります。
 
介護タクシーでもしっかりと補助犬を受入ます。実はまだ一度もそのチャンスが無いのですが^_^;
 
もちろん、犬や猫のフケにアレルギーを持つ方や臭いに敏感な方がいらっしゃるのは事実ですから、もし補助犬が乗ったとしたらその後はちゃんと消臭や清掃、消毒を行います。
 
実は私自身、犬や猫が大好きなんですね。。一度この目で補助犬の仕事を見てみたいので、利用されてる患者さんがお乗りになってくれないかと思っています。
 
 
 
 
 
 

【GWも休まず運行いたします】

4月も半ばを過ぎ、ゴールデンウイーク中のお問合せがチラホラと来始めました。
 
介護タクシーをご利用になって、施設や病院からの一時帰宅、また、行楽のお出かけ等、ご予定がありましたらお早めにご予約いただければ幸いです。
 
天気にめぐまれたゴールデンウイークになると良いですね!
 
 
 
 
 

【ヘッドレスト】

皆さん、写真のような車椅子はあまり見た事がないかと思われます。
 
ヘッドレスト付きの車椅子です。
 
介護タクシーさいたまでは、普通型の車椅子にご覧の様なヘッドレストを付けています。
 
自動車で移動する限り交通事故の可能性はゼロではありません。特に後ろの車に追突されるケースは、ほとんど防ぎようがありません。
 
そこで、写真のように普通型の車椅子にヘッドレストを付けて、まさかの時の為に患者様が首を痛めにくいように配慮しています。
 
もちろん、通常はお客様の所有される車椅子でご乗車出来ますが、追突されるの際のリスクを軽減したり、首の安定をご心配されるお客様には、ぜひご利用いただければと思います。
 
なお、リクライニング車椅子は背もたれの高さが頭まであり、枕も付いていますのでご心配ありません。
 
お問合せは048-916-0232までお気軽にどうぞ。